Beginner's Audio

オーディオ初心者。音楽を楽しく聴きたい。

エレコムLHP-AHR192SVレビュー

スポンサーリンク

今回はiPhone用のハイレゾ対応DACを買ってみました。

エレコムのアウトレットストアで激安で売っていたため、現行のイヤホンジャックの無いiPhoneを買うときに備えての予行練習が目的です。

(現在はiPhone6sを使用してます)

f:id:irohas111:20170331192048j:plain

外観

f:id:irohas111:20170331192128j:plain

中身は本体とポーチのみです。大きさはiPodshuffleぐらいお大きさで非常にコンパクト。質感も悪くないです。

f:id:irohas111:20170331192318j:plain

コネクタは直付けです。折れたらお終いですね笑

ここが取り外し可能なケーブルだったら尚良かったです。

 

f:id:irohas111:20170331192406j:plainf:id:irohas111:20170331192546j:plain

操作は上下が音量、左右が曲送り、センターが再生停止。イヤホンジャック部が上部についており、その横には誤操作を防ぐホールドのスイッチがあります。また、背面はクリップ使用になっているので洋服に固定して使う事が出来ます。

 

音質・使用感

MH40とDORADOで試しました。

音質は値段を考えると上出来ですね。全体的にクリアになり、特に高域が綺麗になります。下手な味付けはなく、音を整えているのでスッキリとした印象です。

また、出力が大きいのでヘッドホンがとても迫力のある音になりました。iPhone直の時は8~9くらい必要だったのだ、DACをかますと5程度で十分な音量が取れるようになりました。明らかにiPhone直よりは力強い音が出るようになったのでヘッドホンで聴くときは恩恵が大きいです。逆にイヤホンだと出力が大きいせいで神経質になりますね。1~2程度で十分な音が出るので細かい音量調整が難しいです。

 

やはりiPhone直で充電いらないのは楽ですね。本体自体もとても小さいので扱いやすいです。難点としてはバッテリー消費が激しいこと、コネクタが不安なこと、DACでの音量調整が雑な点です。特にコネクタ部分は怖いですね。下手に扱ったら折れそうな感じなので取り扱いは慎重に。音量調整に関しては基本的にはHoldでiPhoneで操作するようにします。これらの難点がありますが、コスパ抜群の機械なので文句は無いです。

 

まとめ

元々は実験目的で買ったので思わぬ伏兵ですね。外で聴く分には僕は十分です。そもそもにアンプを重ねて使用するほどのこだわりは無く、利便性が良くて音が良いことを優先させる考えなので今回の商品はピッタリでした。また、音楽管理を基本的にはiTunesでしていることからiPhoneの方が楽で、いちいちDAPに転送するのが面倒だった事もあるので基本的にこの流れが良いです。

 

同様のコンセプトではAudioQuestのDragonFlyなどがありますが、これはカメラアダプターを介する必要があるので若干面倒です。理想としてはLHP-AHR192SVのようなiPhone直で使えるような機器が増えて欲しいですね。iPhone7でのイヤホンジャック廃止に伴い加速度的に出てくると思ったのですが、今のところは有力な商品は無いです。そのような意味だとLHP-AHR192SVは時代を先取りしすぎたかもしれない笑